【カカアコ】7倍楽しむ!ハワイ穴場スポット攻略最新マニュアル

【カカアコ】7倍楽しむ!ハワイ穴場スポット攻略最新マニュアル

見た事あるかも!?オシャレさんが集まる世界で人気沸騰中のアートの街「カカアコ」を紹介!


街を歩けば壁一面の色鮮やかな絵が観光客を出迎え、ウォールアートを撮りたくてハワイに訪れる人もいるほど知名度が上がりつつあるカカアコ。そんな世界で注目を浴びるアートな街カカアコのオススメスポットと行き方を紹介!

1.オシャレ集まるカカアコとは?


ワイキキから車で15分。世界で活躍するアーティストを集めて街にアートを取り入れることで地域の活性化を図るこのカカアコ地域。ショッピングのために訪れる事が多いアラモアナの隣に位置していて賑やかで流行りの先端といったイメージのワイキキとは一線を画した街。町おこしの為に街全体がアートに包まれ色鮮やかな壁画を見に世界中から観光客が訪れるところなんだよ~。

この投稿をInstagramで見る

The artists of @powwowhawaii captured by the talented @immanuelahiable Mahalo to all the awesome sponsors 🙌🏽@hawaiihta @montanacans @montanacans_usa @hawaiianairlines @alohilaniresort @47 @citymill @monsterenergy @heineken_us @thinkspace_art @ourkakaako @wardvillage @olukai // #powwowhawaii #powwowworldwide

Kakaakoさん(@kakaako)がシェアした投稿 –


フォトジェニックなモノに溢れるこの場所は、インスタグラムやツイッターなどのSNSでハワイの事を調べた時に、一度は見た事があるかもしれない場所。定期的に40店以上が出店されるフードイベントが開催されていたり、アートだけじゃなく様々な楽しみ方があって何度行っても飽きない魅力的な街だよ。どこで撮ってもSNS映えするからイマドキ女子は必見!毎回行くたびに街の雰囲気が変わってる気がする!

2.主要オススメスポット3つ紹介

1.ウォールアート(Wall Art)

この投稿をInstagramで見る

Kakaakoさん(@kakaako)がシェアした投稿


カカアコで見られるウォールアートは世界中のアーティストも注目のスポット。パウワウハワイ(Pow Wow Hawaii)というアートイベントがきっかけで、毎年2月にローカルアーティストと世界のアーティストが1週間かけ自分たちの作品を壁に書き上げるんだよ。もともとは寂れた倉庫街として使われなくなった倉庫や建物にプロ、アマチュア問わずペインティングしたこのイベントのクオリティーが高いことで世界で有名になったんだよね。毎年変わる壁画は見る価値あり!毎年のお気に入りの絵を探すのがひそかな楽しみ♪

ウォールアートの写真を紹介!

カカアコのウォールアート
カカアコのウォールアート
カカアコのウォールアート
カカアコのウォールアート
カカアコのウォールアート
カカアコのウォールアート
カカアコのウォールアート
カカアコのウォールアート
カカアコのウォールアート
カカアコのウォールアート
カカアコのウォールアート
カカアコのウォールアート

2.ソルト(SALT)

この投稿をInstagramで見る

Salt at Our Kakaakoさん(@saltourkakaako)がシェアした投稿


「ソルト(SALT at Our Kakaʻako)」は、カカアコに新しく誕生したオシャレスポット。レストランやカフェを始め、人気セレクトショップやSNS映え必須のアイスクリーム専門店、地元でも愛されるジュースショップなどロコから観光客まで楽しめる複合施設。ヒゲマークでお馴染み、タピオカが楽しめるミスター・ティー・カフェとコールドプレスジュースが楽しめるジュースドライフは私が特によく行くところ!

3.ワードビレッジ(Ward Village)

この投稿をInstagramで見る

Ward Villageさん(@wardvillage)がシェアした投稿


100以上のお店が集まるワードビレッジもぜひ行って欲しいオススメスポット。ロコも大好きなハワイ発の個性的なお店から、全米でも人気が高いノードストローム・ラックやピア・ワン・インポーツ、サウスショアマーケット、ポケが美味しいパイナカフェ、更には映画館など買い物から食事からエンターテイメントまで1日中楽しめるスポット!もしも雨が降った時に子どもが喜ぶホノルルの遊び場として覚えておくと便利かも。

3.カカアコへの行き方

1.トロリー


カカアコの停留所「ソルト(SALT)」は再開発のために閉鎖となったワードウェアハウスの停留所廃止に伴って2017年8月より新しく設置された停留所だよ。レッドラインは「ダウンタウン/ホノルル観光コース」としてホノルル市内にある主要観光スポットを巡るコース。

レッドライン:ハワイの歴史観光コース
主な停車スポット:アラモアナショッピングセンター、アロハタワー、チャイナタウン、イオラニ宮殿
運転間隔:50分
運転時間:1周約1時間40分
下車停留所:ソルト【SALT】

ホノルル市内の観光地巡りが可能。

・料金
1日大人20ドル、子ども(4〜11歳)15ドルだよ♪詳しくは、DFSなどで無料配布されているトロリーマップガイドや公式HPをチェックしてみてね!乗り放題チケットは公式HPから買えるよ!Webで買うと少しお得に。公式HPはこちらから→https://jp.waikikitrolley.com/

2.The Bus

・ワイキキ編

ワイキキからのルート。乗換なしで15分程度だよ。普段は日本のように時間通りくる事は少ないので注意。

・乗車バス
13番:Kapiolani Bl + Ward Ave 下車
19、20、42番:Ala Moana Bl + Ward Ave 下車
・アラモアナセンター編

アラモアナセンターからのルート。乗換なしで20分弱だよ。

・乗車バス
55、56、57番:Ala Moana Bl + Ward Ave 下車
40、52、53番:Kapiolani Bl + Ward Ave 下車
・運賃
片道:2.75ドル
1Dayパス:5.50ドル

3.レンタカー


車で10分弱の距離。アラモアナブルーバードを利用するとアラモアナセンターを通過し直進すれば到着できるよ。ワイキキから西へ向かってドライブしよう!私は車で行くことがほとんど!ウォールアートはまとまってないから車に乗りながらウォールアートをぐるっとチェックするよ。公園もあってたまにキッズたちとアスレチックで遊んだりもする~!バスケットコートもあって週末はロコたちが試合してたり賑やかなんだよ~。

4.徒歩


距離にして約3キロ。歩くと40分弱くらいかな~?歩けない距離ではないけどカカアコ着く頃には少し疲れてしまうかもしれないね笑 アラワイ運河やアラモアナセンターが途中にあるから歩く分には各所に見どころもいっぱいあるよ。寄り道しちゃってカカアコに着くまでに結構時間がかかるかもしれないね!

4.イメージと違う!治安に注意


今は再開発などが進み建物や街全体が賑やかでキレイになってきているところだけど、昔から窃盗や車上荒らしさらにはドラッグ中毒者が多い地域であまり治安が良いとは言えない地域。


元々は工場街で治安が悪いのは昔からだよね。ウォールアートなどインスタグラムでの華やかなイメージだけで行ってしまうとちょっと危険だよ。


公園の公衆トイレでの事件など記憶にも新しいと思うけど、日本では安全なこともアメリカでは超危ないってことは沢山あるから警戒レベルはあげようね。子連れの方は子どもから目を放さずにね。

5.まとめ


カカアコはバスケットコートや小さいローカルの公園があってスクール帰りの子達がわいわいしていたりワイキキ中心部とはまた違ったローカルの雰囲気を感じることが出来る場所。SALTにはおしゃれな話題のカフェもいっぱいで朝早くからやっているから朝のお散歩コースとしてもオススメ。アートって眺めれば眺めるほど感性が豊かになる感じがして好きだな。話題のカカアコぜひ行ってみよう。カカアコの詳しい記事はこちらからチェック!
↓↓↓
注目!ハワイ最先端エリア、カカアコのソルトを紹介!

ハワイ情報カテゴリの最新記事