飛行機からハワイ気分。ハワイアン航空の魅力を徹底解説!

飛行機からハワイ気分。ハワイアン航空の魅力を徹底解説!

飛行機の中からハワイが味わえるハワイアン航空を徹底解説するよ!


様々なハワイアンが機内に散りばめられているハワイアン航空。ハワイに着く前からどんどんテンション上げて行こ~!

ハワイアン航空って?


ハワイアン航空はハワイ州ホノルルにあるダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)をハブ空港とする、ハワイ最大の航空会社。ハワイに行ったことある日本人ならハワイアン航空は1度は聞いたことがあるかな。

HONU
ハワイ州内のハワイ島、マウイ島を結ぶインターアイランド路線でロスやサンフランシスコなどの西海岸や、シドニー、タヒチなども結んでいます。2010年に羽田線、2011年には関西国際空港線、2012年には札幌・福岡線、2016年12月には羽田とハワイ島のコナ空港間の直行便を就航し、日本との路線を積極的に展開しているよ。

Source of photo:Hawaiian Airlines

ビジネスクラスでは180°フルフラットシート、一人旅お客様用のプライバシースクリーンなど様々なおもてなしで快適な空の旅を楽しむことができる航空会社。

そんなハワイアン航空、ホノルル便の就航から数年しか経っていないのでまだ乗ったことがない!という方も結構いると思うので、この記事でオススメポイントをしっかりチェックしてね。

機内はどうなってる??

Source of photo:Hawaiian Airlines

ハワイの航空会社だけあって機内にはハワイアンが要所にちりばめられているよ。CAさんの制服はもちろんアロハシャツ!可愛すぎる~!

日系の方や日本人など全員じゃないけど日本語が話せるCAさんが他の会社に比べるととっても多いよ。必ずじゃないけど、安心してフライトが楽しめるよ。

帰りの便の機内がいつもちょっと寒い印象。行きは全然感じないから同じテンションで行くと、ちょっと後悔するかも!何日もハワイで過ごしてからの飛行機で敏感になっているかもしれないね。私はいつも行きも帰りも機内には長袖の羽織れるものを持って行くからぜひ参考に!

座席の特徴

Source of photo:Hawaiian Airlines

シートの並びは「2-4-2」、大体の航空会社は「3-4-3」だよね。窓側の人は二人またがないと通路に出れないけどハワイアン航空はトイレに行くのもとっても楽ちん。

Source of photo:Hawaiian Airlines

各座席のモニター横にはUSBポートが付いているよ。ここでiPhoneの充電はできるよ!充電コードは手荷物に入れて持って行こう。映画やビデオなどが見れる個人用のモニターは、ちょっと古い気がする笑でもUSBポートからスマホの充電もできるし、その他のUSB機器もここから電源が使えるから自分のお気に入りを持っていくのもオススメ。

Source of photo:Hawaiian Airlines

嬉しいプチポイントでヘッドレストを内側に折り曲げることができるよ。大体のエコノミークラスはヘッドレストが平面担っているのがほとんどだよね。機内で眠る時には、首に巻ける枕を持って行く人もいると思います。

しかし!!ハワイアン航空の場合はヘッドレストの両側を内側に折り曲げることが!!なかなか快適で私はどこでも寝れる人だけどさらに快適に寝れるよ!haha

もらえるアメニティーグッズ

Source of photo:Hawaiian Airlines

エコノミークラスではアイマスク、耳栓、イアホンの3つが各自に配布されるよ。あらかじめ用意していかなかった人にとっても役立つアイテムだよね。

楽しい機内映像


離陸前に機内の説明や緊急時の安全ガイダンスの映像が各航空会社で流れると思います。ここハワイアン航空は見てても全然飽きない、というか楽しくてもっと観たくなる~っていう動画になってるよ。


ハワイアン航空が作った着く前からハワイを満喫できる映像が盛り込まれていてプロモーションビデオを見ているような感覚。楽しくハワイ気分で説明を見れるね。
飛行機乗っていつもすぐ寝ちゃう人もこのガイダンス映像見てみてね!


ビデオではパイロットや客室乗務員達とその家族がハワイのオススメ名所を巡りながら、機内の安全情報をお届け!動画はHPからも見れるけどぜひ飛行機で見てみてね!

機内食はどんな感じ?


飛行機で旅行に行く時に大事になるのが機内食。ハワイアン航空の機内料理はハワイアンフードが出ることが多いよ。ロコモコやスパムおむすびなどなど、便によってしまうけど行き帰りの時間もハワイを味わうことが出来るのがとっても嬉しい!

アメリカの航空会社は今では大体アルコールが有料になっていますが、ハワイアン航空は無料。白ワインや赤ワインのほか、マウイ・ブリューイングというマウイ島のクラフトビールも選べるよ~!ハワイアンビールも飲めてここでもハワイを感じられるね。

実はハワイアン航空の機内食、保存料を使用しない「自然食品」が使われているんだよ。化学調味料も使用していなくて全体的に自然な塩味が特徴。メインキャビンとエクストラコンフォートのメニューは同じだけどエクストラコンフォートは樹脂製のお皿での提供でちょっぴり高級感が追加されます笑

とある日の機内食


写真はある日の機内食。ハワイアン航空メインキャビンの機内食(成田→ホノルル)だよ。あの、、、、写真撮る時にホイルを取るのを忘れるっていう。。写真撮るの忘れなかったらすぐ撮ってくるね笑
中身は、

・ハワイ風に味付けされたチキン+ライス
・ポテトサラダ
・マカダミアナッツ入りチョコクッキー

こんな感じかな。
色々な会社の飛行機に乗っているけど、機内食としては美味しい方に入ると思うな〜。

そして、ホノルル到着前に!かわいい紙袋に入った軽食が配られるよ。この時は、

・バナナ
・マフィン
・クロワッサン
・ヨーグルト

がそれぞれ一つづ入っていたね。すぐに食べてもいいし、袋があるから持って行って外で食べても大丈夫。一つだけ注意があってバナナがアメリカの検疫の関係上、持ち込めません!回収されちゃうので食べたい人は食べちゃいましょう!

ハワイ便は早朝に到着することが多いから、こんな感じの軽食がピッタリだよね。この軽食が入っている可愛いペーパーバッグは持って帰る人も結構いるよ。

エクストラ・コンフォートでさらに快適に!

Source of photo:Hawaiian Airlines

日系の航空会社のだとエコノミー席とプレミアムエコノミー席は倍以上の値段になると思います。そうなるとなかなか気軽にアップグレードはできないよね。でもハワイアン航空の場合は、片道1万5千円でワンランク上のエクストラコンフォートにアップグレードができるからとってもオススメ!

座席のクオリティはエコノミーと同じなんだけど特典がいろいろ増えるので、ちょっと贅沢にアップグレードするのも全然あり。エクストラコンフォートの特典はこちら!↓↓↓↓

エコノミー席より足元が広い!

Source of photo:Hawaiian Airlines

エコノミーよりも約12.7cm前の座席とのスペースが広いから足元がかなりゆったり。背もたれをリクライニングしても十分余裕があるよ。

優先搭乗&優先セキュリティチェック!

Source of photo:Hawaiian Airlines

混んでるときにだいぶありがたいサービス。これだけでだいぶ移動のストレスが軽減されるね。

アメニティーがグレードアップ!

Source of photo:Hawaiian Airlines

エコノミークラスはアイマスク、耳栓、イアホンの3点セットがあると上で紹介していますが、エクストラコンフォートだと、その3点に加えて、ティッシュ、歯ブラシ、ボールペン、くし、リップクリーム、ハンドクリーム、化粧水が!ポーチに入ってもらえるよ。このポーチがとっても可愛いくて化粧ポーチなどに使えるよ。生地もしっかりしてるよ。

意外と知られていないのがアイマスクがグレーの無地から、ハワイアン柄になっているところ笑


ポーチとアイマスクは、カイルア発のmanuheali’i(マヌヘアリイ)というアパレルブランドがデザインしているよ。

ビジネスクラスを少し紹介!

180°フルフラットシート

Source of photo:Hawaiian Airlines

ハワイアン航空のフルフラットシートはカップルや家族での利用を前提デザインされているのが特徴だよ。シートの配列は「2-2-2」で、隣の席とコミュニケ―ションがとりやすい配置。

Source of photo:Hawaiian Airlines

他のエアラインのビジネスクラスでは、ビジネスマンが一人で利用する事が前提だからプライベート性が高い個室のようなシート作りが主流だよね。ハワイアン航空の場合は、乗客のほとんどがハワイに向かうリゾート客だから、旅行客が利用しやすいデザインになっているよ。

Source of photo:Hawaiian Airlines

このビジネスクラスシート、フルでリクライニングさせると、長さが193cm、幅52cmのベッドとして利用可能。ベッドとして利用するは、隣席との間にあるパーテーションを使って区切ることでプライバシーは確保できるよ。

「2-2-2」に配置されたフルフラットシートの場合、ベッドが2つ並ぶから、一人で窓際の席に座った時は通路側のベッドをまたがないといけなくなるよ。だから1人で旅行する時は、2席ともに通路に直接出ることができる中央列のシートを選択するのがオススメ。

Source of photo:Hawaiian Airlines

実はハワイアン航空のフルフラットシート、個人用モニターが設置されていないよ。映画やビデオなどは、離陸後に貸し出しされるタブレット端末で視聴ができます。シートには端末取付用のアームが設置されているから、このアームにタブレット端末を取り付けて映像を見ることができるよ。

全体的な料金は?


日系航空会社に比べると、航空券はハワイアン航空は割とお得な航空会社。ハワイに就航している航空会社は7社の中では、安くハワイにいける部類かな。

2017年6月下旬から、エアアジアXが日本からハワイ路線で日本初のLCC路線を就航開始して話題になったよね。従来の航空会社の価格と比べて半分以下の価格帯で行けるので安さだけを追求したい方は行ってみてはいかが?

まとめ


つく前からハワイをたっぷり堪能できるハワイアン航空。料金もお手頃なのでちょっと贅沢にエクストラコンフォートで日頃のストレスを癒しにハワイに行こう〜!ESTAの申請も忘れずに〜♪

【初めてのアメリカ!入国に必要になるESTA(エスタ)申請方法】

ハワイアン航空(Hawaiian Airlines)

ハワイ情報カテゴリの最新記事