【民泊】ハワイ『Airbnb』を徹底解説!新しいハワイの楽しみ方~ワイキキ編~

【民泊】ハワイ『Airbnb』を徹底解説!新しいハワイの楽しみ方~ワイキキ編~

女子旅、ファミリー、カップル、男旅で楽しむハワイ旅行!Airbnbでの宿選び!


今回は、今話題のAirbnbについて!安くてもいい部屋もあるし、有名ホテルとは違うコンドミニアムまで、Airbnbを徹底解説!ぜひ参考にしてみてね!

1.Airbnbってなに??


Airbnbとは、宿泊施設・民宿として貸し出している個人宅の物件情報サイトのことだよ。呼称は「エアビーアンドビー」。2008年にアメリカでスタートして、今では世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供しているんだって!Wow!

日本語サイトも2013年にオープンして、日本ではオリンピックなどもあるからますます増加が見込まれているよね。マンション、アパートはもちろんだけどリゾート地では一戸建ても結構多い。

ハワイのAirbnb


今回はワイキキに注目してみましょう。HPから検索してもらうと皆様もご覧になれますのでぜひ一緒にやってみて下さいね!検索してみると、一週間2名でワイキキの滞在を前提として、泊まれる宿が大小含めて300件以上、さらに日本語対応可能なホストは200件以上がヒットする結果となりました。

細かいエリアはもちろんですが、喫煙可否などのハウスルール、ジムやプールの有無に関する項目もあり、自分の探す部屋に関する情報を細かく絞り込む事が出来ます。日本の部屋探しのサイトほどきっちり細かくはなく、ほどよい項目数でインターフェイスも見やすいですね。

後ほど紹介しますが、

基本的にホストとのやりとりは英語になるので、自信がない方や不安な方は日本語対応可能なホストにはチェックを入れて検索をかけるようにしましょう。

最安で1泊4,000円台の宿もあり、1泊50万円のバンガローまで幅広く揃っています。(3,000円台もありましたがテントだったのでちょっと例外として笑

ワイキキの平均相場は1泊あたり¥17,836となりました。シーズンによっても多少変わるのでぜひ参考程度に。

2.コミュニケーション基本は英語!?


Airbnbを利用しサイトで家を探し実際にさあ予約だとなれば、その物件のホストのやりとりは英語でコミュニケーションをとるのが基本。

日本人オーナーが管理する物件や、日本語で連絡が取れるオーナーの物件も他の国に比べるとハワイは多い方けど、そうゆう物件の数は限られるから、英語でコミュニケーションを取る事を前提で考えよう。

ここはある意味、Airbnbの醍醐味の一つで現地の方とのコミュニケーションが円滑にできれば現地の穴場スポットを教えてもらったり、+αで良い待遇をしてくれたりなんて出会いもあるかも。海外の人と生のコミュニケーションを取れて実践的に英語を使う絶好のチャンスでもあるよね。

その時に使う英語は難しいものは必要ないよ。良く言われる話だけど、”日本で習う英語”のレベルで言うと、中学生レベルの英語で十分コミュニケーションが取れるよ。


海外旅行に行くときに空港で使うフレーズとかレストランの注文で使うフレーズって覚えたことあるよね。Airbnbを使うときも同じで、自信がない人はフレーズとパターンを頭に入れておけば基本的なコミュニケーションを取ることは大体できるよ。

コミュニケーションで使えるフレーズ


ざっくり下の4つだけあれば本当になんとかなると思うよ。あとは必要そうな単語だけどこれはスマホでも探せるから特に覚えなくてもいいかな笑

空港に着いた特の連絡だね。ホテルと違って基本ホストしか対応できる人がいないから連絡は頻繁に取るようにしよう!

・I will arrive in Honolulu airport at 10:00, drive to your home by rental car.
Please tell me which street should I go and park to meet you.10時にホノルル空港に着いてレンタカーで行きまーす。
会う時どこに車停めればいいか教えて!

いよいよ車に乗りました。家に向かいましょう。交通ルールが日本と違うので特にスマホを見すぎたりしないように注意しよう!

・I will arrive at your home around 11:00.
Please tell me where should I go to meet you.
家に11時ぐらいに到着します〜。
どこに行ったらいい?

さあ!止まる宿に到着したよ。ホストに会って軽く挨拶。少しパーソナルな部分も伝えられると好印象だね。

・Hi! I’m ——.
Nice to meet you.I’m very fond of sharks!
こんにちは!—です。
はじめまして。会えて嬉しいよ!私はサメが本当に大好きなんだ!

滞在中に会ったりすることもあるけどそうゆう時は、軽く立ち話に挨拶する程度で大丈夫だよ。行きたいところや欲しいものがあったら英単語で伝えれば大体はわかってもらえるかな。帰りは楽しかったよとホストに伝えればお互い気持ちよく終われるね!

・Thank you for having.I enjoyed staying at your house.
いや〜ありがと、とっても楽しかったよ!

一週間くらいいてたまに話すだけでも耳も慣れてくるし、現地の人とのコミュニケーションは結構楽しいよ笑

3.Airbnbの手数料

Airbnbの手数料は、ホストが支払う手数料とゲストが支払う手数料の2種類。

ホストが支払う手数料は3%。売上金額から3%が差し引かれるよ。そしてゲストが支払う手数料は、サービス手数料として6%〜12%が上乗せされます。この手数料は宿泊料金が高くなるほど安くなるよ。

ゲストは手数料のほかに、清掃料金もAirbnbを通じてホストに支払います。

アラモアナやカラカウア通りワイキキビーチも徒歩圏内、マンションタイプで室内もオシャレな1泊10,010円のこのお部屋。わかりやすく1週間同じところに宿泊する想定で、10/1-10/8まででこの料金になります。

どうでしょう。有名ホテルと比較するとだいぶお安く収まるね!宿はほんとに寝るだけでいいよって人はこうゆう使い方もできるね。部屋や宿がたくさんあるから有名ホテルと同じくらいの値段でももっと快適に過ごせたりなんてこともあるかもね!

4.いい物件の探し方


レビュー数が多く、平均点が高い物件を選ぶようにしよう!レビュー数が少ないと、泊まった件数が少なくても高いレビューが出ることがあるからなるべく件数は多いものをチョイス!あとは部屋のサムネイルに「予約が取れない人気宿」と書いてあるものは、みんなが良く泊まる宿だから人気で取れないかもだけど、ホストも慣れているし、オススメかなと思うよ!

レビューの仕組みを知っておこう!

Airbnbのレビューを見ていると、アマゾンやメルカリのような少々荒い辛辣なレビューが少ないです。これには理由があって、Airbnbは、実名で登録が必要で、それからゲストとホストが現地で顔を合わせることになるんだよね。

あと自分が書いたレビューは、ホスト側は誰が書いたものかってのがわかるようになっているから余程のことがないと、マイナスなことが少し書きにくいんだよね笑 フェイスブックとかもYouTubeのコメント欄とかに比べると全然荒れないもんね笑

全部のレビューがそうだって訳ではないけど書いてあるものは、話半分というかやっぱり参考程度で見て欲しいな。これをわかってレビューを読むと少し見方も変わるよね!

5.Airbnbで準備するもの


Airbnbをはじめ民泊サービスを利用するときは、スマホは特に忘れないように!上でも少し言っているけど、ホストと直接やりとりして、宿に着く必要があるよね。ホテルと違って対応してくれる人がホストだけだから迷惑かけちゃうと、初日から険悪なムードなんてこともあるかもよ笑

連絡手段がなくて、チェックイン時間に遅れそうってなったら多分ホストも、ゲストも両方焦るよね。焦って事故なんか起こしたら最悪、せっかくの旅行が台無しにならないように!

予定のチェックイン時間に遅れそうな時には、ホストと連絡が取れるようにハワイで使えるスマホは持っておこう!

・オススメはWiFiレンタル
2人でWi-Fi1台1日980円×6日間で、5.880円
ハワイのほとんどのエリアでネット回線が利用できるよ。

6.まとめ

世界で注目度がどんどん上がっているAirbnb。現地のコミュニケーションも含めていろんな楽しみ方ができそうだよね。自分にあった宿を探して最高のハワイ旅行を!

エアービーアンドビー(Airbnb Global Services Limited)

ハワイ情報カテゴリの最新記事