【罰金注意】ハワイルールを事前にチェックしてトラブル回避!

【罰金注意】ハワイルールを事前にチェックしてトラブル回避!

ハワイの習慣やルールを再確認!

ハワイの空港
日本人が多いハワイは色々とルールを勘違いしがち。一歩間違えるとトラブルに発展してしまうこともなりかねない!日本と全く違うハワイのルールや習慣を事前に確認しておこう!

1.横断歩道で安全第一


アメリカでは、横断歩道がない車道を横断することを「ジェイウォーク(Jay-Walk)」と呼ぶよ。Jayは、おばかさんとか、おのぼりさんって意味。もし車の通りがなくても横断歩道のない道路を渡るのは法律上NG。ハワイは交通事故防止の為に、歩行者にも罰金制度があるよ。ロコでも観光客でも、横断歩道以外の道を横断したり信号無視をした時には、130ドルの罰金を支払わなきゃいけなくなるから注意してね!この辺は日本みたいに甘くないよ。

ハワイのほとんどの信号は時差式ではなく押しボタン式!「PUSH BUTTON FOR」と書いてあるこのボタンを押してね!

2.歩きスマホに注意!


ハワイ州では2017年から電子機器を見ながら、道路や横断歩道を歩くのを禁止する法律が施行されているよ。違反した場合には15ドル〜99ドルの罰金!デジカメやタブレットでも引っかかるから注意してね。googleマップで場所を探したり、写真を撮ったりInstagramを見たり、ついつい日本の感覚でいじっちゃわないように気をつけよう。道路を歩く時は、基本的に一切の電子機器を使用しないようにするのがベター!綺麗な景色が広がっているのにずっとスマホを見てたらもったいな~い。

3.間違えると超危険!車はUSAルール


ハワイはUSA!基本的なことだけど自動車はジャパンと反対の右側通行だよ。周りに車がいれば、同じように進んで間違えることは少ないけど、曲がってから「あれ、なんだっけ」て間違えたりいつもの癖で反対側に入ってしまったり気を抜くとめちゃくちゃ危ない!慣れるまでは「クルマはミギ、クルマはミギ」と呪文を唱えよう。常にセンターライン側に運転席があると覚えておくと間違いも減るかもね。運転の基本は「日本での違反はハワイでも違反」と考えるのが◎。運転中の電子機器の操作やスマホの使用はNG!飲酒運転はもちろん、ポイ捨てなども絶対にしないこと。

4.意外と厳しい飲酒ルール


日本ではお酒は20歳から。しかし!!ハワイでアルコールは21歳から。21歳未満のアルコールの飲酒や購入は、ハワイ州法で禁じられているよ。イメージが先行しているかもだけどビーチや公園など公共の場での飲酒もNG。アルコール購入、バーやクラブの入店など、お酒に関わることは年齢に関わらずパスポートなど身分証明書の提示が義務付けられているから忘れずにね。特に日本人は若く見られるから年齢確認されることが多いよ。

5.子供は目を離さず!


ハワイでは法律上、12歳以下の子供を1人で行動させると罰則だよ。小学校や幼稚園の行き帰りも保護者の同伴が義務づけられているほどなんだよ。ホテルに子供だけを残して外出したり少しの時間だからと車の中に子供を放置するのもNG!家族連れのパパやママは気をつけてね。

6.洗濯物はどこに干す?


アメリカは乾燥機を使って洗濯物を乾かすのが一般的。日本みたいにベランダとかで外に干すことは少ないんだよ〜。マナー的にも公共スペースとみなされるホテルのベランダで、洗濯物や水着などを干すのはNG。室内で干すかランドリーで乾かすようにしよう。ワイキキなど一部の地域では街の景観を守る観点から、洗濯物などを屋外に干すこと自体がNGの地域もあるので注意しよう。日本と違ってハワイは湿度が低いから、部屋の中でもすぐ乾くよ!

7.タバコは所定の場所で。


ホテルやレストランをはじめ、ビーチや空港など公共の場所はすべてが禁煙!子供が同乗している車でもタバコ製品の使用が禁止。どうしても吸いたい人は、ホテルの客室であれば喫煙ルーム、ショッピングセンターであれば喫煙コーナーなど、吸っても良い場所を探して吸うこと。これも違反すれば罰金になるから覚えておきましょう。今ハワイ州でタバコを購入できる年齢は21才以上。これを100歳以上に引き上げる法案が審議されたことについて、最近話題になっていたよね。

8.失礼しちゃうわ!ハワイのレイルール


ハワイ・アロハのシンボルでもあるレイ。愛情や友情、感謝をあらわすアイテムとしてハワイでお馴染みのアイテムだよね。このレイはかけられた時に断るのは超NG。送り手の気持ちを拒絶することを意味してとっても失礼。贈られたレイを、贈り手の前で外すのも失礼に当たるから気をつけてね。レイを返す行為はハワイでは絶対あり得ないことだから気をつけよう。

9.ホヌに触らない!


ハワイの人たちにとって大切な生き物でポリネシア文化圏では神様から幸運を運んでくれる「海の守り神」として神話に登場するホヌ。縁起が良いとされるウミガメは、触りたくなる人もいるかもしれないね。でもこれはNG。絶滅危惧種とされているホヌは絶対触るのはダメ。近づきすぎるのもNGで2~3メートル離れた距離から見守ること。餌付けなども生態系が変わる恐れがあるので行わないことっ。

10.食べきれない食べ物は・・・


日本より1人前の量が多いハワイ。頼みすぎたりしてたくさん残してしまいそうな場合は持ち帰りができるよ。海外では食べきれない料理を持ち帰るのは普通の文化。全然恥ずかしいことではないから気軽に店員さんに言ってみよう。専用のTOGOボックスに入れて残った料理は軽食などに。

英語ではこんな感じでお願いすると良いよ!
I’m full. Can I have a to-go box, please?
(お腹がいっぱいだぜ!!持ち帰り用のボックスはもらえます?)

まとめ


他の旅行先に比べると日本人が多いハワイ。色々勘違いや錯覚しがちだけど、やっぱり海外で日本と違うルールや文化が多いよね。せっかくの旅行に行ったのに現地でトラブルになってしまうのは本当にもったいないからハワイに着く前から事前に頭に入れておこう。

ハワイ情報カテゴリの最新記事