ホテルのコンセント&プラグ事情をハワイへ行く前にチェック!【電圧】

ホテルのコンセント&プラグ事情をハワイへ行く前にチェック!【電圧】

ハワイ旅行で気になるコンセントやプラグなどについてポイントをまとめました!


ハワイ旅行では日本の電化製品は使えるのか気になっている人も多いかと思います。日本で味わえないハワイの景色や食べ物の写真を撮るのにデジカメやスマホは必須!コテやドライヤーを使ってハワイでもオシャレをしたい人も!日本から持ち込む電化製品を使う際の注意点や電圧に関することを紹介するよ。普段と同じ様に使える物から使えない物まで確認必須!

1.変圧器と変換プラグってなにぃ?


国内ではほとんど扱うことがないこの2つ。馴染みが無いとわかりずらい変圧器と変換プラグは同じ物かと思いきや全然違う!まずはその二つについての説明から。キーワードは「電圧」と「先端の形状」だよ。

変圧器(Voltage converter)

変圧器
電圧の大きさを変化させる装置。基本的に変圧器自体には、コンセントに差し込む電源コードの形状は変えられないよ。電圧に対応していない電化製品を高い電圧のコンセントに直接差し込むと、中で機械がショートしてしまったり故障の原因に!そこで変圧器を使い高い電圧を調整し日本の電化製品を使用することが可能になるよ。

変換プラグ(Plug adapter)


電化製品の電源コードの先端部分の形状を変える装置。基本的に、変換プラグ自体に電圧の大きさを変える力が無いのがほとんど。日本国内の電化製品は平行な縦線2本が並んでいる差込口だけど、世界には丸い差込口やハの字型など様々あって差込口が違うと使用できないので、変換プラグを使い差込口の形状を変えることができるよ。電圧さえ対応していれば、持って行った電化製品を普段通りに使うことが可能。

2.ハワイ旅行には変圧器や変換プラグは必要ない!?

ハワイの電圧と日本の電圧


そもそもの問題で、変圧器と変換プラグ。違いがわかったところでハワイ旅行で必要なのか?日本の電圧は100V(ボルト)。他国と比較すると低めの電圧になるよ。ハワイの電圧は110-120Vです。日本より若干高めになるから日本の電気製品を変圧器なしで長時間使うと、故障や破損の原因になる場合もあるから気をつけてね。
電圧はInputをチェック

対応ボルトは充電器本体や説明書の「Input」を確認してみて!我が家にある家電はほとんどが100-240V。世界の電圧に対応してます笑


日本のみでなく世界で販売されているApple製品の充電アダプタは、100-240Vまで対応しており、変圧器なしで海外で使うことができるよ!もちろんハワイでもOK。ノートパソコンやタブレット、デジカメの充電器なども世界の電圧に対応している物が多いけど説明書や充電器本体を確認してみよう!確認せずに使って壊れたら悲しいまる。

□変圧器を使わずに使用できることが多い電化製品
・ノートパソコン
・スマートフォン
・デジカメ
・電動ひげ剃り

ドライヤー

ドライヤー、ヘアアイロンなど熱を発生させる家電には特に注意だよ!!
高い電圧のコンセントに直接繋ぐことで発火に繋がる可能性もあるので十分に確認、注意してください!!

プラグの形状は日本同様のAタイプ


ハワイのプラグの形状は、日本と同様のAタイプといわれるモノだよ。変換プラグに関してはほとんど必要なし!縦二本の下の丸い穴はアースの穴だから無視してOKだよ!

3.役に立つ便利アイテム

延長コード(Extension cord)


古いホテルやコテージなどでは、プラグが部屋の遠いところに1つしかないなんて事もたまにあるよね。そんなときには延長コードが超便利。スマホの充電を遠いところでしながら翌日のプランを無理な体勢で確認とか結構ストレスになるんだよね!旅行中にイラつかない為にもあると安心だよ!

ハワイの持ち物チェックリストにも入っているので確認してみてね!→【最新2019年度版】準備はできた?ハワイ通の20代女子が語るハワイの持ち物チェックリスト

電源タップ(Power strip)


友達や家族など2人以上で宿泊する場合にコンセントが足りない!ってことは旅行ではよくあるよね笑 そこで便利な電源タップ。デジカメやスマートフォンなど充電する物が多くなりがちだからとっても便利だよ。新しく買い足す時には、対応電圧が100V〜240Vのものを選ぶのを忘れずに!!せっかく買ったのに使えないだとブルーになるよね笑

4.まとめ


変圧器は電化製品によって必要かが分かれるので、ハワイに行く前によくチェックしてみてね!ドライヤーなど熱を発生させる物は火事の原因にもなったりするのでとくに注意だよん!

はじめてのハワイカテゴリの最新記事