【ハワイコロナ情報】ワイキキトロリーが衛生強化し運行再開!

【ハワイコロナ情報】ワイキキトロリーが衛生強化し運行再開!

ワイキキトロリーが衛生強化し運行再開!

Waikiki Trolley
Waikiki Trolley

11月2日よりワイキキトロリーが運行再開

オアフ島へ旅行に行くと必ずと言っていいほど乗る機会があるワイキキトロリーが、2020年11月2日火曜日より段階を踏んで運行再開することを発表しました。まず、11月2日からは「シーニック:ダイアモンドヘッド&ホノルル・シティ・ツアー」が運行します。

・11月2日(火)
→「シーニック:ダイアモンドヘッド&ホノルル・シティ・ツアー」
月・水・土曜日 1日3便を運行。出発場所はワイキキの Tギャラリア ハワイ by DFS 。予約不要ですが、定員は約15人に制限。

・11月15日(日)
→「パールハーバー・ツアー」「ダイアモンドヘッド&シティツアー+パールハーバーツアー」
24時間前までの予約が必須。

・12月1日(日)
→「ピンク・ライン:アラモアナ・ショッピング・シャトル」
時間は午前10時30分から午後4時45分まで。ワイキキの各停留所とアラモアナセンターを巡回。

ワイキキトロリーの安全対策

Waikiki Trolley

ワイキキトロリーは、利用者と従業員の安全を第一に、現在、インフルエンザと新型コロナウイルスの感染拡大防止に備えた衛生対策を強化しています。実施内容を下記に引用していますのでご確認ください。

1.すべてのマネージャーがCDC適正実践習慣を承認し、各部署と情報を共有しました。CDC適正実践習慣は印刷され、職場全体に掲示されています。

2.運行を終えた各車両は車庫に戻った後、翌日の運行前に掃除が行われます。

(コロナウイルス(COVID-19)を含むすべてのウイルスとバクテリアの99.9%を殺菌する液体およびスプレー消毒剤で車両を掃除します。
これは、OSHA血液媒介病原体の基準と、病院向けのAOAC殺菌スプレー製品テスト基準を満たしています。)

3.ドライバーには、洗浄用品をバスに携帯させて、お客様が乗っていないときに、お客様が触れる場所を拭くように指導しています。

4.貨物の受け取り後、ドライバーに手指消毒剤が提供されます。

5.ドライバーと従業員が使用できるように、Tギャラリア ハワイにあるトロリーチケット販売所にて危険物キットが利用可能になりました。

そして現在下記が追加となりました。

✓すべてのドライバーは、特定の症状があるお客様に対応するためのトレーニングを受けました。

✓ツアーの最初の1時間以内にお客様が体調不良を感じた場合、チケット代金を100%払い戻しいたします。

Waikiki Trolley公式より


ハワイは10月15日から、到着前の事前検査プログラム導入での旅行者の受け入れが開始されています。PCR検査の陰性結果を提示すれば14日間の自己隔離が免除されます。同プログラムは現時点では米本土が対象ですが、ハワイ州は日本の厚労省認可の核酸増幅検査を承認しており、日本の指定医療機関が決定すれば、日本とハワイ間の渡航規制も緩和される見通しです。
【ハワイコロナ情報】ハワイ旅行の制限緩和で観光産業は復活する?

ハワイ情報カテゴリの最新記事

Scroll Up