【2019年完全版】ハワイでやりたいことリスト!マリンスポーツ編

【2019年完全版】ハワイでやりたいことリスト!マリンスポーツ編

ハワイの海を大満喫できるマリンアクティビティをリストアップ!


世界でも有数の人気ビーチが数多くあるハワイ。せっかくのハワイなのに砂浜で遊ぶだけじゃもったいない!スリル満点のパラセーリングやバナナボートなどをはじめ豊富なマリンアクティビティをリストアップ!

1.サーフィン
【定番度★★★★☆】


マリンアクティビティの王道サーフィンは、なんとハワイが発祥の地。ハワイやタヒチに住んでいた古代ポリネシアの人々がサーフィンを開発したんだって!そんなハワイではサーフィンも体験しておきたいよね。人気アクティビティだから初心者向けのレッスンも沢山開催されているよ。初心者は特にワイキキビーチがおすすめ!ちょうどいい海の深さで波が穏やかだし砂地もあるから、サーフィンをやったことない人にはおすすめビーチだよ。私ももちろんサーフィンデビューはワイキキビーチだったよ!ワイキキビーチで働いてるサーファー友達にレッスンしてもらったんだ~最初ボードを裏にしたまま波乗りしててSTOOOOOOOOOOOP!!!って叫ばれたなhahaha

11月、12月にノースショアで行われるヴァンズ・トリプル・クラウン・オブ・サーフィンは最大規模の大会で世界中からプロサーファーが訪れるんだよ。動画を見ると波の高さがハンパないよね笑
ノースショアでサーフィン~!とか言ってみたいなあhahaかっこいい!

Gone Surfing Hawaiiさん(@gonesurfinghawaii)がシェアした投稿

2.スタンドアップパドル
【エクササイズ度★★★☆☆】


サーフボードに立ち乗ってカヌーのパドルを使って波乗りを楽しむスタンドアップパドル。「Stand Up Paddleboard」をSUPと略して「サップ」と呼ぶこともあるよ。パドルを使って水面を進む新感覚のアクティビティとして世界でも人気が高まってるよ。海だけじゃなくて波のない湖や川など色々な場所で楽しめることも、世界各地で波及しているポイントだね。サーフィンもそうだけどサップもかなり日焼けするよ!海にいると感覚ないけど、いつも気がついたら焼けているパターン。タンニングオイルや日焼け止め塗ろうね!

Gone Surfing Hawaiiさん(@gonesurfinghawaii)がシェアした投稿


諸説あるけど、発祥はなんとハワイ。ワイキキのビーチボーイが、ロングボードに乗ってアウトリガーカヌーのパドルを使ったのがルーツと言われているんだよ。浮力が高い安定感抜群の専用ボードを使うからイメージより簡単!初心者でも性別年齢を問わず楽しめから運動神経が悪いと思ってる不安な人でも割と楽しめるよ。全身を使うから体幹やバランス感覚が鍛えられて、エクササイズ効果も◎。ハワイで人気のアクティビティ。

3.ボディボード
【手軽度★★★☆☆】


サーフィンよりも手軽に波乗りをしたいと開発されたボディボード。サーフィンより波が低い分、波を近くに感じられるよ。なんとボディボードの発祥もハワイと言われていて1970年代初頭にハワイ島で生まれたんだとか~!通常のサーフボードより1m程短い専用ボードで波を楽しむアクティビティ。私は小さい頃、ボディボード大好きだったよ~ワイキキの波打ち際って結構波が荒れている時多いんだよね。そこでやるボディボードとっても楽しいよ~最近も海外キッズ達がボディボードで楽しんでるのをよく見かけるよ!

HAWAII BODYBOARD SURF WAVESさん(@clamdragger)がシェアした投稿


ボードの上に立たないのが特徴で、自然を体感できるのがこのアクティビティの醍醐味。 足にフィンをつけて、上半身の体重移動で板をコントロールして波乗りするよ。専用ボードの全長は基本的に膝から自分の唇までの長さがベスト!

4.ジェットスキー
【スピード感★★★★☆】


ハワイではジェットスキーも定番。日本ではジェットスキーを運転するのに小型船舶免許が必要だけどハワイでは16歳以上で健康であればOK。だけどオススメはベテランインストラクターによるスピード感抜群のスリルライド。ちょーーー楽しいよ!!

@alohajetskisがシェアした投稿


何十年と経験を積んだスタッフさんの後ろに乗ってスリル満点のジェットスキーを楽しむのが最高。プロのテクニックにハラハラドッキドキで最高の思い出になること間違いなし。海で叫び倒すのってとっても気持ちが良いよね~ははっ!

安全には細心の注意を払って運転してくれると思うから、まあ安心してね笑

5.パラセーリング
【絶景度★★★★★】


ビーチリゾートで楽しめる人気のアクティビティといえば忘れちゃいけないのが「パラセーリング」。カラダに円形のパラシュートを装着して船やジェットスキーなどで引っ張られながら、凧揚げのように海を空高く飛ぶマリンスポーツ。大好き~!

cally sampsonさん(@callyswaggg)がシェアした投稿


飛ぶまでも飛んでからも自分でできることはほとんどないからキッズからご年配の方でもまで誰でも楽しめる人気アクティビティ。空を飛んだ瞬間にハワイのキレーイな海がパァーーっと広がるんだよ。恐怖50、楽しさ100、感動100 爆笑1000かな笑

6.バナナボート
【握力大事度★★★★☆】


スリル満点のバナナボートもハワイの海で楽しみたいアクティビティのひとつ。バナナ状のボートを水上バイクで引っ張ってものすごいスピードで水上を走るのを楽しむアクティビティ。乗り方は簡単でライフジャケットやヘッドギアをつけてバナナの膨らみにまたがるだけ。

@amyschumerがシェアした投稿


途中のスピード感もなかなかびっくりするけどカーブや波が激しくて振り落とされる時の衝撃がすんごい笑 大きい波のタイミングでボートが跳ねた時に首が取れかけた事があるよ。握力が負けて無惨にボートから落ちたよ。シュノーケリングなどと同時にアクティビティを行う時に、バナナボートが移動手段で使われる場合もあるよ。

7.アウトリガーカヌー
【団結度★★★★☆】


ハワイ王族の遊びだったと言われている「アウトリガーカヌー」。転覆を防ぐために、アウトリガーと呼ばれる浮きを固定して安定感を増しているよ。船本体は超〜細くて肩幅くらいしかないのが特徴。

Monji Mohammadさん(@monji65)がシェアした投稿


アウトリガーがあることでサーフィンばりの速度で波に乗ることができて、みんながイメージするカヌーとはスピード感が全然違う!グループでこのカヌーに乗れば団結感が生まれる事間違いなし!

8.カヤック
【ゆったり度★★★☆☆】


オールで動きを自由に調節しながら自分のペースでゆったり楽しめる比較的お手軽なマリンアクティビティ。ビーチが超綺麗なカイルアビーチやカネオヘ湾の海上をスーーーっと滑っているような感覚を味わえるのが最高だよね。運が良ければホヌやイルカなど珍しい海の生き物に出会えるかも!!

Headwaters Kayak Shopさん(@headwaterskayak)がシェアした投稿


テレビでも企画が組まれる事があるノースショアの「レインフォレストカヤックツアー」がカヤックでは人気のツアー。カヤックで熱帯雨林を進み海に出るっていうワクワクのツアーだよ。他のアクティビティとはちょっとスピード感の違う体験ができるよ。

9.シーウォーカー
【メガネ濡れる度☆☆☆☆☆】


宇宙服のような専用ヘルメットを被って海の中を浮いたり泳いだりする「シーウォーカー」。船のタンクからヘルメットに酸素が送られる仕組みで、首から上は水に濡れないよ。メガネをかけたままでも大丈夫!めちゃくちゃ綺麗な海の中を宇宙にいるような感覚で水中体験ができるんだよ。ダイビングよりも手軽に魚や海の生き物を感じられるよ。泳げない人でもOK!

10.ダイビング
【ウミガメ度★★★★☆】


サーフィンやSUP、パラセーリングが有名なハワイはダイビングの人気も凄く高い!ホノルルにはダイビングショップがとても多くて、100軒以上あるってのを聞いた事があるよ。オアフ島はダイビングスポットも多いし、それに合わせてダイビングサービスの数もたくさんあって午前にも午後にも潜れる場合が多いから嬉しいね。私は綺麗な海へ行くと必ずダイビングやるよ~すぐ笑っちゃうから冗談ではなく、死にかけたことあるよ!haha皆笑わせてこないで~って感じ!

ハワイのダイビングでは運が良ければアザラシと出会えるよ。1年を通してシーズンではあるけど、11月の終わりから2月の終わりには南下して来たザトウクジラの子育てシーンを見ることができるよ

ワイキキビーチ周辺のホテルに泊まれば、ダイビングもお手軽に!英語が不安な人は日本人経営者のダイビングサービスがオススメ。

まとめ


ハワイに来たら最高のビーチを使ったアクティビティができないのはもったいないよ〜!マリンアクティビティは水着でやる事もあるけどそれだと肌が露出しがちだから紫外線対策や万が一のケガ、アクシデントに備えてラッシュガードを着るのがベスト!持ってない人は現地にも売っているから出来るだけ買って防御を固めるのを忘れずに!

アクティビティカテゴリの最新記事