【ハワイ留学】IIE Hawaiiで選択できるコースやオススメの滞在方法について解説!

【ハワイ留学】IIE Hawaiiで選択できるコースやオススメの滞在方法について解説!

IIE Hawaiiで学べるコースやオススメの滞在を解説

ハワイのヤシの木
1校目、IIE HAWAIIでの留学生活が終了!IIE Hawaiiで選択できるコースやオススメの滞在について解説。プログラムの数も多くて子供向けハワイ留学のサマープログラムも!

1.IIEが大切にしているアロハスピリット

ワイキキビーチ
IIE Hawaiiが大切にしているのが「アロハ・スピリット」。私も小さい頃からアロハ・スピリットに触れて生きてきたから、IIEの理念がとても好きだった。「アロハ」は挨拶の他に愛情という意味があるんだよ。アロハ・スピリットはハワイアンが大切にしている愛情、自然や隣人をリスペクトすることだったり、穏やかに暮らすこと、知らない人に優しくすること、空気を共有して愛すること、助け合うこと、愛と喜びをみんなで分かち合うなどとっても素敵なアロハの心。

ワイキキビーチ
ハワイに行くと現地で何度も感じる場面があるアロハ・スピリット。ハワイの語学学校で出会ったブラジル人の女友達が初めてのハワイだったんだけど、アロハ・スピリットが大好きになって手首にALOHA Spiritタトゥーを入れていたよ。そんなハワイ伝統のアロハ・スピリットをIIEは大切にしている学校。先生やスタッフさんは、いつも思いやりや親しみを持ってくれて接してくれてとても温かい。


そもそもIIEHawaiiは、ハワイで最も古い英語学校のひとつ。1984年、英語を母語としない学生のための英語学校としてワイアラエ・アベニューにあるシャミナード大学内に開校後、1990年にワイキキに移転。歴史ある語学学校で、今は立地最強のバンクオブハワイ・ワイキキセンタービルにあることで知名度も高いよ。


2013年には、アメリカ教育省が定めた学校評価機関ACCETより、「欠点のない優良スクール」として認定されたのもとっても有名。ハワイで出会った友達に「IIEに通っているよ」っていうとすぐ『あ〜IIEね!』ってほとんどの人が知っているくらい。歴史あるIIE Hawaiiは、基本理念であるアロハ・スピリットを存分に感じることができるよ。講師やスタッフさんもとても質が良くて在籍中困ったことは一つもない!

2.コースについて詳しく知りたい

1.一般英語コース


一般英語コースには大きく分けて観光ビザESTAの生徒を対象としたコースとF-1学生ビザの生徒を対象としたコースがあるよ。

観光ビザESTAの生徒対象

→週20レッスン(火曜日-金曜日※午前)

F-1学生ビザの生徒対象

→週25レッスン(月曜日-金曜日※午前)

1年留学コース

→バケーションを組み合わせた1年間のプログラム週25レッスン(月曜日-金曜日※午前)

最大の成果を上げたい生徒向け

→週35レッスン(月曜日-金曜日※午前/午後)

2.ケンブリッジ/大学進学コース

IIEのフリースペースはコミュ力UPにも大活用すべし!

FCE&CAE試験対策コース

→ケンブリッジ英検合格を目指す方を対象にFCE&CAE試験対策を実施。週25または32.5レッスン(月曜日-金曜日※午前/午後)

ハワイの大学進学を目指す方対象

→Hawaii Rainbow Pathwaysコース、週25レッスン(月曜日-金曜日※午前)

アメリカの大学進学を目指す生徒対象

→アカデミックトラックコース、週25レッスン(月曜日-金曜日※午前)

3.その他のコース

LIAハワイ留学

ビジネス英語

→ビジネスシーンで通用する英語を身に付けたい生徒対象のコース。週35レッスン/プライベートレッスン

ハワイアンプログラム

→ハワイ文化に触れながら英語を学びたい生徒対象のコース。週20または25レッスン
※アクティビティ内容 フラ / サーフィン / SUP / ウクレレ

【夏季限定】こどもハワイ留学

→こども向けサマープログラム、週15レッスン(月曜日-金曜日※午前/午後)

世界中から200名以上の子供たちが参加するんだって〜!こどものハワイ留学を考えている方、IIEオススメだよ。

一般英語コースの観光ビザESTAの生徒を対象としたコースと、F-1学生ビザの生徒を対象としたコースが一番多かったよ。ハワイという土地柄、英語の勉強とバケーションを両方楽しみたい!って生徒がほとんど。アクティビティで仲良くなったスイス人の友達がケンブリッジコースだったんだけど、もう勉強必要ないでしょってくらい英語話せる人ばかりでかなりハイレベルだった!

3.奨学金制度!アロハスカラーシップとは?


世界中にアロハ・スピリットを広めるよう努めているIIE Hawaiiは、「アロハスカラーシップ IIE Hawaii 奨学金制度」を通じて生徒にアロハ・スピリットの意味を伝えるとともに、選考基準に準じて、授業料分の奨学金が給付される素敵な制度があるよ。IIEが指定する国の生徒に給付される制度で、応募要件は下記内容で、気になる方は公式HPから応募要項をダウンロードしてみてね!

最大で授業料が1年分給付されたり、空き状況によっては、給付金付きの滞在先までサポートしてくれるチャレンジする価値のあるオススメ制度だね。

選考は、経済状況や英語を学ぶ目的に応じて行う
・在籍生徒数が少ない国(IIE 全生徒の 3% 以下)からの生徒、また将来、自国や世界に利益をもたらすために英語を学ぼうと思っている生徒が優先(既にハワイに居住している生徒も含む)

・レジュメ(履歴書)とアプリケーション(願書)、さらにショートエッセイか自分自身についての動画を作成して提出すること

・現在指導を受けている、あるいは以前指導を受けていた教授・講師、あるいは応募者の性格や学業・職業・社会での経験や能力を証明できる専門家からの推薦状を提出すること

・IIE Hawaii 在籍中、生徒は地元のチャリティーや非営利団体でボランティアを行い、「アロハスピリット」を学ぶこと

・プログラム修了後、生徒はハワイでの経験とハワイでの学びを将来どのように生かすかについて、エッセイに書くか動画を作成する

・奨学金は、授業料分だけを給付する。期間は最短2カ月、最長12カ月とする

・空き状況に応じて、給付金付きの滞在先が利用可能

・年間の受け入れ限度:奨学金受給者の学習期間の合計が、10名 x 1年間 相当もしくはそれ以下とする。

ハナウマベイリッジハイキング
修了後、生徒はハワイでの経験とハワイでの学びを将来どのように生かすかについて、エッセイに書くか動画を作成すること、IIE Hawaii 在籍中、生徒は地元のチャリティーや非営利団体でボランティアを行い、「アロハ・スピリット」を学ぶことなどがあり、期間は最短2カ月、最長12カ月!!→IIE Aloha Scholarship IIE 奨学金制度 アロハスカラーシップ

4.滞在先は?寮はどんな感じ?

ワイキキサンセット 28 階
私は、コンドミニアムに住んでいたから寮は使っていないんだけど、学校の友達が寮に住んでいたから遊びに行ったり実際の話も聞いたから紹介していくね!まずIIEでは、それぞれの人に合った滞在方法があってホームステイ、シェアハウス、コンドミニアム、ホテルなどから滞在先を決めることができるよ。ハワイ留学が初めての方やハワイにあまり詳しくないと家を決めるのが難しいと思うからぜひ参考にしてみてね。

1.シェアハウス


低料金で滞在できるのがシェアハウス。ベッドルームは個別にお部屋が分かれていてリビングリーム、キッチン、お風呂、トイレが共有だよ。シェアハウスの良いところは、とにかく安いところ。シェアハウスは、大体一軒家のお家だからワイキキ中心部にはなくてワイキキから少し離れているところにあるよ。学校まではサ・バス(The bus)や、レンタル自転車のビキ(biki)を使って通学することがほとんど。

各お部屋はそこまで広くなくてテレビもあったりなかったりお家ごとに違うから予約時に確認してね。


私の仲良い女の子がダイヤモンドヘッドの麓の一軒家でシェアハウスに住んでいて、The busを使って登下校していたんだけど、バス停からお家まで少し距離があって夜はワイキキみたいに明るくなくかなり暗いから一人で歩くのは怖いって言ってたよ。一緒に夜まで遊ぶときは、クラスメイトのメンズを一緒に連れてその子のお家まで毎回歩いて送り届けていたよ〜!


ハワイでも危険なことがいっぱいあるし、ホームレスもいっぱいいて怖いの分かるから私も安心だったし、良いウォーキングになるし話したり歌ったり楽しかったな〜。良い思い出。

シェアハウスを選択する時、夜道を歩くのが怖かったり夜遊びもしたかったら、近くのバス停を調べて一人で歩ける距離か、ビキストップ(biki置き場)が近くにあるかのチェックが必須!女の子が一人で長時間歩くのは絶対危険だから女性は、必ず帰りのルートを考えて住む場所をチェックしよう。

2.ホームステイ


滞在中、ずっと英語に触れたい方に1番オススメなのがホームステイ。地元の方と一緒に生活できるからハワイ初心者の方でも安心安全。食事もついてるセットプランもあるから自炊もしなくてもOK。ベッドルームは個別にお部屋が分かれていてリビングリーム、キッチン、お風呂、トイレが共有って感じだよ。


ホームステイの友達がよく、ホームステイ先のホストファミリーが作ったサンドイッチを学校に持ってきて途中くらいから毎日同じ味に飽きたらしくよくもらってたなぁ。笑 仲良しの友達は、ほとんど学校帰り遊んで外食になってたから、「食事なしのプランで良かったな〜ほとんどホームステイ先でご飯食べてない」って言ってたからその辺りも考えて決めるのがベストだね!


シェアハウスと一緒で、一軒家のお家だからワイキキから離れている場合がほとんど。別の友達はマノアでホームステイをしていてバスを2回、時間によっては3回乗り継いで登下校していたよ。その友達は、マノアで人気の緑のスターバックスの裏に住んでいてスタバが大好きだから放課後はよく緑のスタバで勉強してるって言ってたよ。マノアは自然豊かで空気が綺麗だから私も大好き。

IIEで提供してくれるホームステイ先の悪い噂は全然聞かなくて、ホストファミリーの方と楽しく過ごしていたよ。時間や、食事の連絡等、やっぱり家族と一緒に住んでいるから報告や連絡は大事になるね。お家によって門限があるところもあるからパーティーガールは向いてないかも。笑

3.学生レジデンス

Hotels.com

ワイキキ近く、アラワイ運河を渡った向こう岸のカピオラ二ブールバード沿いにあるワイキキビスタっていう学生レジデンス。短期滞在にも、長期滞在にも向いているよ。お部屋はシェアハウスか一人部屋、デラックスシングルルームなどルームタイプを選択可能。ホームステイ先やシェアハウスは、基本2、3人の生徒と暮らすけど、ワイキキビスタは大量の学生が住んでるよ。共有キッチンやお風呂で遭遇したり楽しそうだけど、苦手な人もいたから自分の性格に合う滞在方法を選択してみてね。


友達が海外の方とシェアルームしていて、食器を洗っていたことがない!汚すぎる!ってむちゃくちゃ激怒してた。笑 学生が多く住んでいるからアラワイ運河を越えるけど、登下校に怖い思いすることはほとんどないと思う。朝も一緒に登校できるし安心だね。2017年に改装してるからとても綺麗だったよ。

4.ホステル


紹介する中で1番安く滞在できるのが、ホステル。私が行ってた時期には、ホステルに住んでいる人はいなかったよ。短期滞在で、バックパッカーも多く滞在する宿泊施設だからその環境に慣れている方にはオススメ。ここでけの話、私にはちょっと無理だな〜。笑 短期滞在の友達もいたけど、コンドミニアムが多かった感じかな。

ワイキキサンセット28階
こんな感じで4種類の滞在方法を説明したけど、実際にはコンドミニアムに住んでいる友達が結構多かった印象。シェアハウスが苦手だったり、時間気にせず一人で自由に暮らしたいんだ〜〜〜!!って方には、コンドミニアムが絶対オススメ。私が宿泊していたコンドミニアムはこんな感じだよ。結構詳しく書いているから参考にしてみてね。

5.学校までの行き方


立地最強の語学学校IIEは、ワイキキのメイン通り「カラカウア通り」に面したバンクオブハワイビルの7階。ワイキキビーチまではなんと徒歩3分!同じビル1階に「セブンイレブン」、「Bank of Hawaii」、「Longs Drugs」「GORILLA COFFEE」が入ってるよ。私はパシフィックモナークに泊まっていたから歩いて10分くらいで毎日着いていたよ笑。

IIE Hawaii 語学学校
(IIE Hawaii English School)

まとめ

LIAハワイ留学
アクティビティも勉強も両方楽しみたい生徒にはもってこいの環境。IIEが大切にしているアロハスピリットもあってスタッフさんも親切で優しかったよ。子供向けのプログラムもあって立地も最高。ちょっとでも気になる方は、問い合わせしてみてね。次の記事では新たな語学学校がスタート!同じハワイでも全然違うっ!!!?

今回の留学は『留こみ!』さんに相談させて頂きました。このブログを読んで下さっている読者様だけに、クーポンコードを作成して頂きましたのでお問い合わせの際は、『YUINA2020』とお伝え下さい!『留こみ!』代表の田淵さんもブログに目を通して頂いているので話が早いですよ〜!
アメリカ留学専門エージェント・留こみ!

  • 営業時間:9:00-18:00(月-金)
  • 住所:東京都品川区北品川1-9-7 トップルーム品川1015
  • 電話:(03)6868-4342
  • 公式HP:https://ryugaku-kuchikomi.com

留学カテゴリの最新記事

Scroll Up